見た目で判断できない!細いあなたも高血圧かも?

高血圧、というと、肥満からくる症状と思う方が多いのではないでしょうか。
メディア等の影響なのか、私も、「高血圧」と聞いただけで、40代~60代くらいのTHE中年太り!というような脂の乗ったおじさま方を思い浮かべます。
女性も比較的ふくよかな方がなる印象がありますが、実際に身近な人達に焦点をあててみると、どうもそればかりではない事に気が付きました。
私の母は、20代の私(周りからはスタイルが良いと言われる程度の見た目です)よりも細く、むしろ痩せている、と言い切ってしまったほうが適切な体です。
しかし、50代になったあたりから、高血圧と医師にも診断され、薬やサプリを飲んでいるというから驚きました。
考えてみれば、母は昔から「痩せの大食い」で、ごはんをしっかり食べるだけでなく、デザート、お菓子(特にチョコレート等)が大好きです。
いつも家にストックがあったし、今でも一日中食べています。
太らないことで、食事に気を付けるという意識が薄れてしまっているのかもしれません。
私たちが独立して、母が40代後半になり、お総菜・お弁当屋さんのパートに出ると、カロリーや塩分、プリン体の多く含まれた食事を持ち帰り食べるようになり、それも影響しているようでした。
祖母も高血圧で、遺伝的なものから母もなったのかもしれませんが、二人を見ていると、頭が痛くなったりと辛そうです。
高血圧という言葉を聞き慣れてしまって、高血圧でない人はあまり危機感もなく過ごしがちですが、高血圧は様々な病気を引き起こす原因になるはずですから、病院には今日べきですし、食事で改善できるのであれば、食事療法を積極的に行うべきだと思います。
長い間をかけて変わっていく体の変化だと思うので、若いから、歳だから、ということに囚われずに簡単にできる食事の見直しから自身も取り組んでいきたいと思います。こちらもおすすめ>>>>>血圧を下げるサプリはドラッグストアで販売しているか?薬局など調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です