きつい運動、ダイエット食品、過度な食事制限なんて、本当は必要ないんです

私は今、25才の社会人(3年目)男性です。
ダイエットしようと思ったのは、最初は22才大学生のころからでした。
当時私は、友達と家系ラーメンにはまってしまい、多いときは2日に一回というペースで行っていました。
そしてある日お風呂に入った時に気づいた、隠し切れないお腹のふくらみ具合…
これはヤバいと思い、次の日から軽いランニングを始めてみました。
元々運動部だったこともあり、運動自体は嫌いじゃなかったのですが、面倒くさがりな性格で全然続かない。
自炊を始めて家系ラーメンを控えたこともあって、恐らく1Kgぐらいは半年で減りましたが、やはりなかなか短期間に増えた体重は減らず、お腹が出た状態のまま社会人になりました。
大学1年の時には着れた服や履けたズボンも、サイズが合わずに押入れの奥に封印。
正直痩せる事も忘れて普通に生活していたのですが、ある日友達の縁で知り合った人から、ちゃんとしたやせ方を教えてあげるという話を受けました。

内容としては、基本的に栄養学。
栄養学とダイエットに何の関係があるのかと思い、最初はほとんど聞いていませんでした。
ただ、その人の話自体は面白かったので、とりあえず初めて見ようと思い、教わるまま栄養学の勉強を行う。
今回教わったのは、今の現代人は栄養バランスがどれだけ悪くて、どんな栄養が必要で、その為に何をしたらいいのか、どんな食生活がいいのかという話でした。
話の中で、とあるメーカーさんのプロテインとサプリメントを購入し、とりあえずまあ飲んでみようということで飲み続けた結果、半年で5kgやせたということが健康診断の結果で出てました(のみ始めたのが健康診断の半年前でした)
このメーカーさんの商品を購入しましょうという話ではありませんが、そこらへんのダイエットサプリや、ダイエット食品を購入するよりもよっぽど信ぴょう性があると思います。
だって、自分で学んで、実践して、結果として表れたんですから。
ちなみに、今は普通にお酒も飲むしラーメンも食べますが、次の日お腹が出ているということも殆どありません。
体質そのものが変わったからです。
今では、大学1年の時にぴったりだったズボンがむしろ緩くなってベルトが必須なぐらいです。

世間ではよく、飲むだけダイエット!なんて商品がありますが、仕組みを理解せずにそういう商品を取って、?せはしないし具合悪くなるし、お金もかかるしという人もいると思います。
それよりは、ちゃんとダイエットの仕組みを知って、必要なことをした方が、絶対楽だし楽しいし簡単だと思います。
ちゃんと痩せたいという人は、こういった根本的なところから勉強することをお勧めします。よく読まれてるサイト⇒脂肪減らす薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です